メンバー

杉浦 未樹SUGIURA Miki

法政大学経済学部 / 教授

Faculty of Economics, Hosei University / Professor

専門は、近世オランダを中心とした流通史。近世都市の商業と流通構造を、物流インフラ、職種分化、家族の財産運用、などから検討する。近年の関心は、モノの長い循環を組み入れた流通消費史の構築であり、古着の役割を手掛かりに、布・衣の循環をつなぎ合わせることを目標としている。東京大学経済学研究科PhD取得。アムステルダム大学客員研究員を務めたあと、東京国際大学を経て、現職。2014年より「糸・布・衣の循環史研究会」をGHCメンバーの竹田泉井上直子角田奈歩鵜飼敦子氏とともに運営中。

SUGIURA Miki specializes in early modern distribution history. She obtained PhD with the theme "Early Modern Dutch Distribution structure" , and published since various articles on logistics, commercial occupations and merchants‘ family women‘s property formations.Currently she is working on the theme of secondhand cloth and clothing circulation of different areas. Her goal is to establish Global consumption history with longer scope for the lives of things. Since 2014 she is running a project "Linking Cloth-Clothing Globally" with other GHC members (TAKEDA, Izumi; INOUE, Naoko; TSUNODA, Nao and UKAI, Atsuko).

website: 糸・布・衣の循環史研究会

ページのトップへ